関東版 | 関西版 | 九州版

ガールズバー・キャバクラ求人なら【体入Queen】

最新更新日時:2024/7/22 16:40:53

スナックにはどんなお客さんが来るの?年代や職業について解説! | 体入QueenNEWS

2024/06/17

スナックにはどんなお客さんが来るの?年代や職業について解説!

スナックにはどんなお客さんが来るの?年代や職業について解説!

アクセスして頂き、ありがとうございます!

体入Queen運営事務局です♪


夜のお仕事にも様々な業態がありますが、若い方にはあまり馴染みがないのがスナックかと思います。


スナックってよく分からないし、働きたくないと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。


今回は、そんなスナックにくるお客さんがどんな人たちなのかを知って解説していきます!

この記事を読み終わる頃にはスナックにくる人たちの事が丸わかり!

どんなお客さんが来るか理解して、スナックにくるお客さんを虜にしちゃいましょう!


「今働くなら!
  失敗しない求人選びはこちらから」
ガールズバー求人一覧

→未経験スタートにぴったり!高時給ナイトワーク求人の入り口におすすめの求人がたくさん!

コンカフェ求人一覧

→近年人気急上昇中のコンカフェ!世界観を楽しみながら働けます♪

お昼から働ける求人も多数! キャバクラ求人一覧

→ガッツリ稼ぎたいあなたに!華やかな高時給バイトで新しい自分にステップアップできます♪

【スナックとは】


スナックとは、軽食やお酒を提供するバーのことで、ママや店員さんがカウンター越しに接客するお店です。


スナックの特徴としては、まず、アットホームな雰囲気で、常連さんやママと親しく会話ができることが挙げられます。


お客さま同士でコミュニケーションをとる点は他の業態にはない独自の特徴ですね。


そしてカラオケがあることが多く、歌や音楽を楽しむことができるのも一つの特徴です。


料金は比較的安く、セット料金やチャージ料金で時間無制限に飲めるところもあります。


ガールズバーやキャバクラとは違い、ゆったりと自分のペースで会話や音楽を楽しむのがスナックの大きな特徴ですね。


【お客さんの年代】

昭和時代には、サラリーマンや中年男性が多く、仕事や家庭の悩みをママさんに聞いてもらったり、カラオケでストレス発散したりする場所でした。


バブル期には、女性の会社員や若者も増え、スナックは夜の社交場として繁栄しました。


しかし、バブル崩壊後は、スナックの数も減少し、氷河期を迎えてしまいます。


しかし最近では、ゆとり世代の若いママが経営する「ネオスナック」や「ニュースナック」と呼ばれる新しい形態のスナックが注目されています。


これらのスナックは、昭和カルチャーやアイドル、音楽など様々なテーマを持ち、若い世代や女性を中心に人気を集めています。


つまり、スナックにくる年齢層は、昭和時代には30代以上がメインでしたが、現在では20代から40代まで幅広くなっています。


また、男女比も昔より均等になっています。

【職業タイプ】

スナックに訪れる人々の職業は、さまざまな分野にわたります。


前の段落でも解説したようにスナックは、仕事やプライベートの悩みを話したり、気分転換や交流を楽しんだりする社交の場所として、多くの人に利用されています。


まずはサラリーマン
仕事終わりのサラリーマンは1日の疲れを癒しにスナックに訪れます。


また、フリーランスの方々も多くいらっしゃいます。

フリーランスの方々は人脈を作るためや情報交換のために訪れることもあります。


特筆すべきは、女性客も訪れるということです。

お仕事終わりに1人できたり、職場や友達と来て「ママに相談したい」という人がいるそうです。


ほかにも、アート系のお仕事をしている人がインスピレーションを得るために訪れたりするなど、ナイトワークという枠組みを超えてきています。


昭和の時代から現代まで、日本社会における大人の社交場として根付いていると言えるでしょう。

【まとめ】

ご覧いただきありがとうございました!

今回のコンテンツはいかがでしたか?


スナックは中年男性が訪れるところというのはもはや昔の話です。


今や、若い世代から上の世代、男性から女性まで様々な人々が訪れる社交の場に進化しています。


今までスナックのイメージがあまりなかった方や敬遠していた方も是非一度スナックに体入してみてくださいね♪


体入Queenでは、未経験の方でも安心して働けるお店を紹介しています!

ぜひたくさんのお仕事情報の中から自分にぴったりの求人を探してみてください♪